用語解説

保護等級とは、対象物が防水や防塵に対してどれだけの耐性を持っているのかを示す規格です。保護等級は、一般的にIEC(国際電気標準会議)によって定められたIP(International Protection)コードによって示されます。ただし、一部の家電製品などでは現在もJIS保護等級によって標記が行われる場合もあります。IPコードは「IP55」のようにIPの後に2桁の数字が付きます。この数字は左側の数字は防塵についての保護等級を、右側の数字は防水に対しての保護等級を示しています。また、一方の保護等級を省略する場合には、「IPX5」のようにXを記載することで省略を行います。