用語解説

ZAMは耐塩水噴霧1000hをクリアしており、屋外盤には有効な素材です。溶融亜鉛めっき鋼板に比べ10~20倍、溶融亜鉛-5%、アルミニウム合金めっき鋼板に比べ5~8倍優れています。優れた加工性も実現しているため、さまざまな分野に適用できます。ZAMはJISにも登録されており公共でも幅広く採用されています。取扱い上の注意点として、鋼板表面にメッキ被膜が形成されているため、板金加工の溶接作業に向いていない側面があり、制御盤の筐体鋼板に採用する場合には、ビス等による組み付けが望ましいです。