用語解説

絶縁抵抗試験とは、電気配線や電気機器の絶縁状態を確認するための試験です。

電路は常に絶縁状態を維持しなければなりません、絶縁が破壊されると地絡、感電事故につながるため、

盤の製作ごとに絶縁抵抗試験を行うことで電路の健全性を確認します。

例えば固くなった電線被覆のひび割れ、端子等による接続部の不良などあげられます。

絶縁抵抗試験は主に低圧電路の絶縁性能を確認するための試験であり、電路に漏れ電流が発生していないかを確認するための安全、品質を保つ為の重要な試験項目となります。

高圧電路の場合は、高圧電路は低圧電路と違い絶縁抵抗値のみで健全性を確認するのは不十分な為、電路が絶縁破壊しないか通常使用時流れる電圧よりも高い電圧を一定時間流すことで絶縁耐力の確認を行う必要もあります。