用語解説

海岸地域に近い場所に受変電設備や盤類、電線管などを設置する場合に、塩害対策の仕様にする必要があります。盤の表面塗装を塩害対応品にして、内部機器に塩分が付着しないように対策を施します。また、一般的には海岸地域でも、潮風の直接当たる箇所に関して、重耐塩仕様を施します。重耐塩塗装よりもひとつ軽い仕様で耐塩塗装があります。